健康ダイアリー

健康ダイアリー

私は30代後半の男です。齢40手前になり、体力と筋力の維持を今からやらなくてはと思い立ちジム通いを始めました。その前から自宅での腕立て伏せや、腹筋などは多少は行っていましたが、やはり鍛えれない部分の筋肉も多く、専門の器具を使ってのトレーニングが必要だと感じていたためやるなら今しかないだろうと奮起しました。今は一応、週2,3回で行ってます。普段鍛えられない太ももの内側の筋肉とかお尻の筋肉とか肩の筋肉とかを鍛えられますので、苦しみながらも頑張っています。あとジムにある有酸素マシンは重宝します。暑いときも寒い時も雨が降ろうが雪が降ろうが関係なく、ランニングやエアロバイクができますので天気を気にしなくてもいいです。これは一番ありがたく、走る気になっていても雨が降っていたらやめるだろうし、やりたいときやりたいタイミングでランニングできるのは最高だと思います。ジム以外では自転車を買いました。6万円くらいするクロスバイクで、ちょっとの距離なら車で行かず、この自転車で移動するようにしています。コンビニ、病院、美容院、駅など近場はもちろん、春秋の季節のいい時はすこし遠くまで一人でちょっとした旅にも行きます。こうして体を鍛えることで健康の維持に努めています。

続きを読む≫ 2016/11/09 11:00:09

私が健康のために気をつけていることは、3つあります。
1つ目は、食事です。
できるだけ外食をしないようにしています。
外食した時の摂取カロリーや塩分などを調べたことがあるのですが、外食1回分で、1日の摂取カロリーや塩分を超えていてびっくりしました。
それから、外食をできるだけ控え、自炊をするようになりました。
自炊の際も野菜を6割、お肉、魚を4割と、できるだけ野菜をとるように気をつけています。
2つ目は、運動です。
自分の祖父母が80歳を超えているのですが、元気に自分の足で歩いて健康です。祖父母を見ていると、毎日、畑仕事やゲートボールなど、ほとんど毎日体を動かしています。
それを見て、体を動かすことが、将来の健康のためにしみじみと思い、自分でもできるだけ、車や自転車を使わないで、自分の足を使うことを意識したり、スポーツのクラブ活動に参加したりしています。
3つ目は、ストレスをためないことです。
心の健康も、体の健康につながると思います。
ストレスをためないように、時間に余裕をもったり、なにも予定のない日をつくり、リフレッシュをしたりしています。
仕事など忙しくなってくるとどうしても時間に追われて、ストレスを感じてしまいます。
そういう時は、朝早く起きて、心にゆとりができるよう、ゆっくりできる時間を作っています。

続きを読む≫ 2016/11/09 10:59:09

「老い」は健康維持の妨げの大きな原因になります。
私は身体的、体力的に衰えさせない事が一番の健康維持の方法だと思っています。
一般的に歳をとると、筋力が弱り肺活量が減り、直ぐに心拍数が上がり、
息が上がってしまうという状態に陥ってしまう人が多いと思います。
これらは体全体を通してリンクしているので、一つ弱いカ所が出てくると次々に弱まり、
一気に体を動かすのが億劫になり、階段の上り下りすらできないような状態になってしまいます。
そんなまともに体を動かせないような状態にして、歳をとってしまうと、ただの「老い」から来る不調なのか、
病気から来る不調なのかの区別もつかなくなってしまいます。
私は、そうならないためにも自分自身でできる限りの体力の維持を努めています。
ストレッチで体の柔軟性を維持しておけば、けがをしにくい体でいられますし、
筋トレやジョギングなどで、筋力や心臓を強く保っておくと、激しい動悸に襲われた時には、
すぐに病気を疑うことができます。
実際に、私は常に体力維持に努めていたのですが、数年前突然動悸に襲われるようになり、
おかしいと思い医者にかかったところ、甲状腺のホルモン異常だと診断されました。
このように、常に自分で体力維持を心掛けていると、体調の変化にもすぐに対応できるので、
筋トレやストレッチなどで体力を維持をはかる事が、健康維持に繋がると考えています。

続きを読む≫ 2016/11/09 10:59:09

私は社会人になり、健康について考えるようになりました。学生の頃は若いということもあり特に気にしなくても太ることもなかったのですが年齢を重ねるにつれて気にするようになりました。
私がまず気をつけたことは食事管理です。ダイエットということも興味があり、私は食事の量を減らすことを始めました。しかし食事の量を減らすと確かに痩せはするのですが、元の通りに食べると体重は元に戻ってしまうのです。私の体質的に食で痩せたものは食で戻ってしまうということを学びました。そこで食事は健康維持のための軸なのでしっかり考えなくてはと思ったのです。
まずは三食はバランスよく食べること、お菓子などの間食をやめることの基本的な所から入りました。食事は絶対にスープや味噌汁などから食べてその次に野菜、そしてメインとなるおかずとご飯の順に吸収のことを考えて食べる順番を気をつけるようにしました。私はあまり野菜が得意ではないのですが食べられる野菜を選んで食べています。特に女性に良いとさせる貧血予防に鉄分豊富なほうれん草、食物繊維がたっぷりのレンコンやサツマイモ、かぼちゃ、お肌に良い成分が入っている人参などをより気をつけて取り入れるようにしました。また、明太子やシラスなどのカルシウム豊富なものや納豆、ヨーグルトなどの発酵食品も積極的に取り入れています。三食はストレスなく無理しない範囲で好きなものを食べています。私はお菓子が大好きなので間食してしまいたくなるのですが、油分や糖分がたくさん入っているのであまり食べないようにしました。どうしてもお腹が空いてしまったら、チョコレート一粒や、この日だけはお菓子食べていいようにしようと決めて食でストレスを感じないようにしました。
そして、私はジムに通って体を動かすということもしています。体力維持、シェイプアップの為に自分の体に合ったメニューを決めて取り組んでいます。おうちでできるようなスクワットなども取り入れてできるだけ体を動かすようにしています。ノルマになりすぎてしまっても大変なので自分の出来る範囲で無理なく行なっています。
食や運動、ちょっと気をつけて考えて行動するだけで体は全然よくなることを実感し、できることを増やしていったりこの食べ物や運動は自分に合っているななど試行錯誤しながら試してみるのもいいのかもしれません。楽しみながら健康になれるといいなと思います。

続きを読む≫ 2016/11/09 10:58:09